サイドターンのための車の準備

.汽ぅ疋屮譟璽の効き確認

 〇FFの場合

 直線で60キロくらいまで加速して、ブレーキを踏みながら30キロくらいまで速度が落ちたら、フットブレーキを踏んだまま(減速開始から30キロに落ちるまでフットブレーキは軽く踏みつづけています。)サイドブレーキを思いっきり勢い良く引っ張りリアタイヤがロックするか確認。

 これでロックしない場合は、リアキャリパーのピストンが固着しているか、リアパッドの制動力が低い車両の可能性があります。

 ロックしたとしても、車が斜めになった場合はリアブレーキが片効きしている可能性があります。

 他の確認方法としては、リアをジャッキアップして3ノッチくらいサイドを引いた状態でリアタイヤを回してみましょう。腕力で回る場合は効いていません。普通はかなり力入れないと回りません。

 〇MR・FR・4WDの場合

 直線で60キロくらいまで加速して、ブレーキを軽く踏み、30キロくらいまで速度が落ちたら、クラッチを切りフットブレーキを踏んだままサイドブレーキを思いっきり勢い良く引っ張りリアタイヤがロックするか確認。

 これでロックしない場合は、固着して全く効かない、リアパッドの制動力が低い車両の可能性があります。

 ロックしたとしても、車が斜めになった場合はリアブレーキが片効きしている可能性があります。

 他の確認方法としては、リアをジャッキアップしてギヤを入れない状態で3ノッチくらいサイドを引いてリアタイヤを回してみましょう。腕力で回る場合は効いていません。普通はかなり力入れないと回りません。

 サイドブレーキの調整法

▲螢▲織ぅ笋離哀螢奪

 リアタイヤがハイグリップでリアパッドがジムカーナ&ドリフト用でない車両の場合、サーキット等ですとリアが出なくていいんですが、ジムカーナ&ドリフトですと結構苦労します。何ランクかグリップを落としたタイヤも持参してください。最初はローグリップで感覚を覚えてから、ハイグリップへステップアップです。

リアパッド・インナーシュー交換

 サイドブレーキがディスク式だとノーマルパッドではいまいちなサイドターンしか出来ない車が多いです。サイドターン・ドリフト専用リアパッドも各社で販売してあるので、それを使うとかなり楽しいですし、速い、カッコいいです。

 車種(SW20、スターレット、86、シルビア・180SX系、DC5、AE系、FD、S2000、リアがディスクでホーシングなどの場合は特に)によっては純正パッドでは、同乗ドライバーが運転してもサイドターンがやりにくい、出来ない車もあるので、お金に余裕がある方は交換して来る事を強くお勧めします。

 FFでサイドターンをしたい場合は、ほぼリアをジムカーナ用パッドに交換する事は必須です。交換していない車はツマラナイですし、速くもありません。

 自分じゃ整備出来ないって方はジムカーナ専門ショップに頼みましょう。

 頼む場所(一般のディーラーや峠や首都高、サーキットなどのチューニングショップ)によっては、サイドブレーキ部のOHは面倒なので、整備せずに、フットブレーキのダストシールだけを交換するお店もありますので、ジムカーナをやるためにOHする旨をしっかり伝えないと意味ない場合もあります。言っても意味が伝わらないショップも残念ながら存在します。

 リアパッド交換方法

ガレージ天竜 元全日本ジムカーナチャンピオンがやっている舗装系のショップです。群馬県伊勢崎にあり、EK4を頼んでいます。

基本的なサイドターンのやり方(FFはクラッチ切る必要はないです。)

1、40km/hくらいまで加速させる。(最初はある程度の速度が必要です。)

2、じわっとブレーキを踏みつつ回りたい方向にハンドルを一定速度で半回転くらい切る。

ハンドルを1回転とか切りすぎると曲がりませ〜ん、焦ってパイロン直前で一気に切ってもアンダーしか出ませ〜ん、

ブレーキをガツンと踏んでもアンダーが出て曲がりませ〜ん

3、横Gがかかったら、クラッチを切ると同時にサイドブレーキを一気にガツンと引く。(重要なのは横Gをかけること)

4、後輪がロックし向きが変わるまでは、サイドブレーキは引いたまま。

5、向きが変わり始めたら、クラッチ繋いで軽くアクセルを踏み、前輪を転がして向きを変えやする。(前輪を転がす程度です。開けすぎるとアンダー/オーバーが出ます。)

6、ハンドルを戻しつつアクセルをタイヤが空転しない程度に開ける。(ハンドルを戻す量に応じてアクセルを開ける)

シビック(FF)のインカー動画です。

これを頭に置きつつ、練習で体に覚えさせましょう。最初は全部の動作をいっぺんにやると思いますので、大体ドアンダーが出ます。

ゆっくり確実にやれば、段々出来るようになります。

個々の操作がある程度出来ていないと難しいようです。特にステアリング操作

サイドターンで重要なのは横Gがかかっている時に、サイドをガツンと引く事です。

 

実際は、書いてある事を読んでも簡単に出来る方は少ないと思います。

読んですぐ出来るようになったら、誰でも世界チャンピオンです。

普通は、何度もやらないと出来るようにはなりません。

運転も他のスポーツや勉強と同じで反復練習の積み重ねです。

戻る