2011/6/19 2011あさま隠し山岳ラリー

踏みッパ インテグラ

ドライバー:たいち コドラ:里深

Bクラス 2位/25台 総合 4位/45台

結果

ブレーキ F:BRIG RH R:BRIG RM

タイヤ F:A036 R:RE461kai

ブレーキ&クラッチ液 エンドレスDOT5

 エンジンオイル MOTUR 300V 10W-40

ミッションオイル RED LINE ショクプルーフライト

出走前の車検

チェック項目としては、安全装備がメイン

クラッシュしたら危ないから、車検は重要

シート&シートベルト&ロールバー&消火器の固定方法確認

ヘルメット&シートベルト&消火器&発炎筒の有効期限

OK・SOSボード&三角停止板&救急箱の確認

レーシングスーツ&グローブ&タイヤ確認

全灯火類&ホーン作動確認

エンジンルーム内の配管&電気系テーピング&吸気&排気系の確認

今回は問題なしで、無事通過。

ドライバー側のインターコムのマイクが故障発覚!

確実にタイムダウンだね〜

去年のこのラリーではナンバー灯が切れてしまい、クスコのサービス隊にランプを分けて頂いた。

今回は会社の新人が観戦に来ていたので、軽く挨拶をしに。

ドラミ

前日雨だった事もあり、滑る区間に注意マーク看板を追加したなどの諸注意

民家近くを通るので静かに通過するように通達あり

順位や安全に関する事もあったりするので、みんな真剣に聞いていた。

一部の選手の行動で民家よりうるさいとクレームが出ちゃったらしい

こういう事やると、来年ラリー出来なくなっちゃうよ。

SS1

DSC_7690.jpg

 前日のレッキでは、路面状態はあまり良くない感じ。

 気温や高度を考慮すると日陰部分は確実にウエット。

 4駆が先に走っているので、所々のイン側には泥が出ているはず。

 あの程度では無理しなければ、事故る事はないと思うけど、泥にタイヤ乗せたら遅いだろうな〜と思いながらスタート位置に移動。

 このタイヤ&ブレーキセットで林道走るのは初めてなので、全開すると全壊するので、まずは完走ペースで走行する事に。

 過去この林道でのタイムはいまいちだった。

 1コーナーで大体の挙動分かるだろうと思っていたら、先々週、福島県SSパークでテストした感じよりも遥かにリアが出る、ちょっと出すぎなくらいでイン側の岩壁にぶつかりそうになった。

 何個かコーナー抜けて、なんとなく感覚は分かったけど、クリップのラインを外してしまう。

 修正舵が多くて、ダサいな〜なんて思いながら走行。
 
 インカムのドライバー側マイクが壊れてしまい、コドラとの会話が成立しないので、いまいちペースノートを信頼出来ず、得意な緩いコーナーを踏み切れない。

 そんな状態なので、ギャラリーコーナーも何も出来ずに、モヤモヤしながらゴール。

 ゴールでベストタイムを聞いたら、2分21秒で、自分達は2分26秒。
 クラス順位等はこの時点では不明だが、走りを考えれば悪くない感じと思ったが、コドラには「調子に乗るな、まずは完走だ!」みたいな事を言われた。

 「了解〜」と適当に返事しつつ、この感じなら行けそうかも?と思い、勝手に目標を完走から入賞へ切り替えた。
 
http://www.youtube.com/watch?v=3vVMnk6EyXA (動画)

SS2

 SS1終わって、一般道を移動して危うくミスコースしそうになりながら、後続ゼッケンに助けて頂き、SS2に移動。

 ここは10キロのロングコース。

 ドライバーも集中力が切れて疲れるが、平均速度が高い部分もあるので、ノートを読むコドラも結構疲れる林道。

 前日のレッキでは、対向車ありのレッキなのに全開でかっ飛んでくるDC2を避けた際、濡れた落ち葉で滑って怖い思いをした。占有無しのレッキで全開は危ないよ!

 路面は綺麗で速度がそこそこ乗る区間と、日陰で落ち葉&泥で覆われているデンジャラス区間、路面が綺麗で回りこむコーナーが多い区間で構成。
 
 走行前の出走待ちで、前ゼッケンの筑波大の知り合いに「デンジャラス区間で、落ちていそう」なんて冗談を言っていたら数分後には現実となっていた。

 路面を見ると、他にも多数犠牲者がいた模様。
 この区間は結構滑ったので、かなり神経使いながら抑えて走行。

 SS1でなんとなくタイヤ&ブレーキ特性が分かったので、進入のブレーキ1発でリアを流して、修正舵無しでアクセル全開で抜けられるようにペースノートを意識して運転。

 相変わらず、ドライバー側のマイクは故障中だが、ノートを信頼して走行。

 途中、リアが予想外に滑ったり、ノートロストしたりしてペースダウンしたが、去年のドライと同じタイムだったので、多少は運転技術が成長したのかな?

 ゴールしてタイムを聞くとオーバーオールが9分49秒、自分達は9分53秒でCクラス(エボ・インプクラス)より速いようだ。

 これを聞いて、テンション一気にUP。
 当然目標も6位入賞→3位入賞に変更。

 運転ミスったりペースノートを見失った部分を修正すれば、総合1位ゲット出来そうと妄想開始。

 ただ、フロントブレーキをBRIG ラリーハードに変更したが、ゴール後停止すると煙がモクモク出てきて車両火災になりそうなのは去年と変わらないので、もう少し運転の改善が必要そうだ。

 ブレーキ配管に空気も結構溜まって、反応が悪い感じになってしまった。

 後半VTEC切れが起こっていたので、エンジンオイルも結構消費しているようだ。

 スプーンにて1年前に純正部品を使用したエンジンを組んでもらったが、初期からエンジンオイルの燃焼が酷く、オイル銘柄変えれば直るはず、1万キロくらいで落ち着くはずと言われたので、オイル変えて1万キロ経ったが、効果なし。

 スプーンのエンジンってこんなにオイル消費激しいのが、普通?

http://www.youtube.com/watch?v=Keiy5VOvfD8 (動画)

 

SS3

 SS2の結果が良さそうだったので、3位以内に入れるかも?と気分良くSS3へ移動。

 SS2の後ろゼッケンのタイムを聞くと47秒、自分達は53秒。
これを聞いてコドラは負けたと思ったらしく、急に弱気に。
自分は1分違いだろうと気にせず、勝手に6位入賞ペースから3位入賞ペースに変更。

 本当は出走前の時間にエンジンオイル残量を確認して、補給しなければならないところを忘れて、他のクルー達をお互いのタイムを聞いたりしてくっちゃべっていた。

 でSS1と同じ林道のSS3開始。

 スタートしてスグになんか遅いよね?

 何故?

 ・・・・・・・

 やっちまった!!!

 エンジンオイル入れ忘れた事を思い出した。

 エンジンオイルが減って、横Gが掛かるとVTECが入らなくなっている・・・・

 仕方ないから、その他で頑張る!

 ちょっと余裕が出たので、ギャラリーにも手を振って、応えてみた。
 やっぱり、ギャラリー居るとテンション上がって、タイムも上がるよね〜

 結果はSS1に比べて2秒UPしていた。

 これで第1ステージは終了。

 気持ち良く走れたので、順位も結構いいはず。

http://www.youtube.com/watch?v=EMuD3fMu9Dc (動画)

 

お昼休憩&車両整備

SS3が終わった後は結構いい順位にいるかもと思いながら、お昼休憩と車両整備するサービス会場へ移動。

エンジンオイルの確認と補充。
1.5Lも入った…

スタート前はアッパーゲージより上にあったのに・・・・

スプーンエンジンはどんだけ燃えるのか?

ブレーキ液のエア抜き。
予想以上に空気を噛んでいた。

窓の清掃、アーム類の増し締め、タイヤ磨耗確認とドリンク交換。

コドラは第1ステージのタイムシート提出して、弁当食べながら、SS2で見失ったペースノートの見直し。

第1ステージの暫定順位はBクラス2位、総合4位でトップと11秒差。

第2ステージは10キロのSSが2本、短いSSが1本で、全部ベストタイム更新すれば逆転可能なはず。

弁当食べながらペースノートとインカー動画を見直して、少しはタイムアップ出来そう。

ホントは5分でもお昼寝して、頭の中を整理したかったが時間なく第2ステージに出発。

SS4

 SS1/SS3のリピートステージで3回目 2.5キロ

 第1ステージの暫定結果から1位と11秒差で追いつけそうだったので、優勝目指して気合入れて走行。

 とりあえず、最初の何個のコーナーはノーブレーキで行けるはず。

 1ステージの感触からリアのスライド具合をもう少しだけ抑えたかったが、ここのSSは回り込むコーナーが多かったので、セッティングは現状のままで、運転を変えて、リアを抑える方向に。

 1回目の走行でギャラリーに手を振ったら、コドラに真面目に走れ!って怒られたけど、3回目の今回はコドラも余裕があったらしく手を振っていた。

 やっぱりラリーはギャラリーあってなんぼだよね?
 居た方がテンション上がって、ペース上がるし。

 エンジンオイル補給したお陰で、さっき進まなかったコーナーでも進むようになって確実に速くなっている。

 で、本日初のベストタイム奪取。

http://www.youtube.com/watch?v=6u8lnEaLeSE (動画)

 

SS5

 SS2のリピートステージで2回目 約10キロ

 先程のSS4でBクラスベストタイム奪取したので、皮算用では1位に追い付くのにはあと8秒、このSSは10キロなので、優勝目指した走りなら1秒短縮可能なので、追い付ける計算。

 実際は自分を含めた上位3人が同じタイムだったので、相変わらず11秒差だったのですが。

 1回目の走行では本来3速全開で駆け抜けられるコーナーでリアが暴れるので、アクセル戻したり、ブレーキを踏んでしまった。

 回り込むコーナーも多いが、速度が出るので、ブレーキでリアの振り出しは調整可能な範囲と予想し、リアの減衰を1段階上げてみた。

 この変更でちょっと怖いけど、浅いコーナーで次まで距離がある部分は全開で行ける様になった。

 路面は殆ど乾いたけど、泥区間は相変わらず凄い滑り、自分も一回ぶつけそうになった。

途中、バンパーが落ちていたけど、滑る区間で誰かやっちゃったんだろうね。

 ペースが結構上がったから、コドラの読み上げミスもあったSSだった。

 で、15秒タイムUPして、総合1位を奪取!

http://www.youtube.com/watch?v=u4j42r9ktCQ (動画)

 

SS6

 SS5のリピートステージで3回目 約10キロ

 先程のSS5で総合1位奪取したので、残り4秒で逆転だと思っていたが、SSスタート前の会話でSS4が同タイムだった事を知って皮算用が崩れた。

 しかも1位のプレッシャーを掛けるつもりが、逆に気合入れちゃった・・・

 1位が先程と同じタイムで走行すると仮定すると8秒差で追い付く計算。

 先程の感じからすると、コドラがミスったし、自分もギヤ抜けを1回やらかしたし、アンダーを数回出してしまったので、まだ全体的に詰められるし、危ない泥区間を攻めれば、どうにか逆転出来そう。

 とりあえず、緩いスラローム後の最初のコーナーまで全開で行くと決め、更に気合入れてスタート。

 結果、気合入れすぎてアンダー出しちゃった。

 SS5よりペースが結構上がったから、コドラの読み上げミス多発。

 泥の区間も頑張ったら、SS5でギヤ抜けしたコーナーでぶつけてしまった。

 この遅れを取り替えそうと頑張ったが、SS5に比べ2秒タイムダウンしてしまった。

 SS5比較でぶつけるまでに3.5秒タイムUPし、ぶつけて再スタートに9秒、ぶつけた後からゴールまで3.5秒タイムUPし、結果マイナス2秒の遅れとなってしまった。

 ぶつけていなければ7秒タイムアップで、また総合1位奪取出来たのに〜

 残念。



http://www.youtube.com/watch?v=u4j42r9ktCQ (動画)

 

 これで後はゴール会場に移動して、第2ステージのタイムシートを提出し、再車検を受ければ終わり。

 だがしかし、去年のこのラリーでコドラが計算ミスをしてしまい、60秒加算のペナルティーで3位から7位へ転落してしまった過去があるので、コドラは最後まで確認計算をしていた。

 暫定結果が張り出され、Bクラス2位、総合4位でコドラもほっと一安心。

 再車検を実施し、表彰式へ。

 今回のラリーも気持ちよく走れて楽しかった!

後日、ぶつけた部位のコアサポートとバンパーサポートを板金し、ライトASSYを交換し、修理完了。

 
ラリーは色々なところで開催されていますので、主催者に確認すれば、無料で観戦可能です。

情報はJAF HPのモータースポーツカレンダーやJAFメイトなどにも掲載されています。

戻る